« いつの間にか私も強くなってる? | トップページ | 笑顔のモニカさんに会うために »

2014年8月12日 (火)

AISがもたらしたもの

Pso20140724_232640_267

こんばんわ♪ レンです。
 
採掘基地防衛戦が実装されてから、かれこれもう8ヶ月。
未だに熾烈な戦いが続いています。
 
(ゲーム内ではそんなに経ってないはずです。マトイちゃん発見からまだ半年ですから)
 
襲ってくるダーカーを指揮するのはDF【若人】さんですが、
彼女の執念も相当なものがありますねw
 
まぁ、確かに、10年前ここリリーパで失ったものを取り返さなければ、
彼女自身が存在し続けていくことができないのかもしれませんから、
きっと必死なのでしょう。
 
 
ふと、ある女の子の言葉が頭をよぎります…
 
……ふーん、警らしたり防衛したり、
アークスもいろいろたいへんなんだね
 
 
って、そんな他人事みたいに…^^;
 
 
 
さて、その8ヶ月の間にこの戦いは、
「襲来」、「侵入」、「絶望」と3段階に渡って厳しさを増し、
その都度、難易度が上がってきました。
 
そして、現時点で最も苛烈な戦いの「絶望」において、
アークスは最新兵器 A.I.S を導入しました。
一人ひとりがパイロットとなって搭乗するロボット兵器です。
 
Pso20140724_231942_262
 
但し、その使用には条件があって、時間と回数には限りがあります。
 
一度の搭乗可能時間は2分間。
最大で3回、前半に1回、後半2回といった感じで乗ることができます。
 
 
切札兵器という位置付けですから、強いです。
HPも豊富だし、火力も相当ある。
 
Pso20140720_222631_016
 
対ボス戦に威力を発揮しますし、
 
 
Pso20140721_151619_017
 
中型やザコさん一掃するのもお手の物です。
 
 
とにかく敵さんの数、多いですもんね!
 
Pso20140811_001856_024
 
ラヴェールさんのこのオーダー見て、私、最初ビビッたのですが、
これが一度のクエストで達成できちゃうなんて…^^;
 
 
それから、
 
Pso20140724_225438_245
 
あのいやらしい侵食戦闘機だって、文字通り撃墜しちゃいます。
AISに乗ったら、まず戦闘機を落としましょう!
 
 
機動力も素晴らしく、広い戦場の隅々にまで縦横無尽に走り回って、
ダーカーウォールを破壊したり、結晶集めにも力を発揮する。
 
 
こんな優れものですから、
殆どすべてのアークスがこれを楽しみにしていることでしょう。
 
  僅かな時間とはいえ、圧倒的な力で戦いを支配できる。
  こういうのを待っていたんだ!
 
といったところでしょうか。
 
 
でも、実はここに「殆どすべて」に当てはまらない
ちょっとずれた例外が存在しますw
 
はい、私のことです。
 
いったい何が不満なのかって?
 
だって、あれって結局、打撃と射撃の特別兵器じゃない?
どうして打撃と射撃だけなの?
どうして法撃にはそういうものがないの?
それって不公平でしょ?
 
 
これが私の正直な気持ちなのです。
 
でも、この素朴な疑問を、例えは運営さんとかにぶつけたとしたら…
 
は? 打撃と射撃?
いや、そういうことじゃないんだよ。
そうじゃなくて、
これは強力なロボットに乗り込んで戦うっていうことに意味があるんだ。
言ってみれば、夢の実現なんだ。
ロボットなんだから、それに相応しい攻撃手段で戦うだけで、
それ以上の意味はないよ。
そういうコンセプトを実装したっていうお話だよ。
 
こんな答えが返ってくることが想像されます。
 
今この記事を読んでくださってる方も、そう思われますか?
たぶん、そうなんでしょうね^^
 
 
でもね、これって、はっきり言って「男の子の発想」です。
 
ロボットに乗り込んで戦うことの夢もロマンも理解できない私にすれば、
結果としてそこにもたらされた現実しか見えません。
 
つまり、
 
  打撃と射撃だけ特別に強力な攻撃手段を得た
 
という事実です。
 
 
こんなこと考えてるのは、全アークス(350万!w)のうち、
もしかしたら私だけかもしれませんねw
 
私は打撃も射撃も好きじゃなくて、
法撃でしか楽しめないので、フォースを選んでいるというプレーヤーです。
 
どんなクラスも自由に選べる第3世代アークスにあって、
これは化石のような存在かもしれませんw
 
でも、そんな私だからこそ、
 
  AISには攻撃手段のバランスを保つという視点が抜け落ちている
 
ということが見えるのです。
 
そういうバランスは別になくてもいいんだ、ということなら話は別です。
それも一つの考え方だと思いますから、そのこと自体を否定はしません。
意見としては、賛成しませんけどね。
 
私は、打撃、射撃、法撃の3つの攻撃手段が、
同程度の力で遊べるゲームであってほしいと願っていますので、
 
AISがあるなら、法撃にも何か特別なものを作って欲しい!
 
と思うんです。
 
ロボットがおもむろにテクニックを撃ちだす、
というのも違和感ありますから、AISとは別物ですね。
 
じゃ、具体的にどんなものなのか?
 
フォトンを駆使して敵を翻弄し、
かつ味方の支援回復もできる大魔導士のような存在…
 
ある程度のイメージはありますが、それを披露することが目的ではありません。
そういうものがあってもいいんじゃないでしょうか?
という私見を言ってみたかったのです。
 
 
戦うんだったらいつも法撃で戦いたい…
と思っている私も、この戦いではAISに搭乗しなければなりません。
同等の力で、法撃で貢献できる「何か」があれば、もっと頑張れるのに!
 
それが私のささやかな願いです。
 
 
Pso20140716_220730_066
 
 
それでは、今日はここまで♪ またね^^
 
 
『PHANTASY STAR ONLINE 2』 公式サイト

« いつの間にか私も強くなってる? | トップページ | 笑顔のモニカさんに会うために »

PSO2」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ
こちらでは、はじめましてになりまますね

打撃と射撃がメイン(スキルアップの為テク職もやっています)
の自分もAISのバランスには疑問を感じています

あの凶悪なファルスフューナルですら瞬殺してしまうAIS
ですが正直乗ってて楽しいと思ったことはありません

うまく表現できませんが
個人的にAISには戦っている充実感がなく
ただ作業している感覚がぬぐえません

いろいろ書きましたがAIS以外にも選択肢が欲しいと思ます

今回思うところがありコメントさせていただきました
乱文失礼しました

初めまして
自分もA現状の.I.Sには異論を持つ人間です。
といっても指摘されている件ではなく
A.I.Sというツールのパワーインフレがプレイヤーの意識に影響を及ぼす懸念ですね。
絶望はA.I.Sに乗るまでのゲーム、乗ったら終わりという認識が出来てしまって
強力なツールを使う事に対するデメリットが提示されてないのです
それがゲームらしくない単純作業感を助長している・・・
A.I.Sを使えば使うほど赤箱ドロップが減るなどのリスクがあれば戦略性を要求するゲームになったと思うのですが。

オルフェーブルさん♪
こんばんわ いつもお世話になっています^^
今回はコメントいただきありがとうございます

そうなんですか…
オルフェさんにとってAISはもう作業になっちゃってるんですね
強すぎるのも問題だと…
私は実は戦うことが好きじゃなく
本文中には「法撃でしか楽しめない」と書きましたが
本当はそれすら楽しいわけではないんです
あまり本音を書くのも憚られましたので、あのような表現にしましたけどねw
で、そんな私ですので「充実感」ということについては
何かを言える立場にはないようです^^;
でも、打撃や射撃をメインにプレイされてる方でも別の選択肢を求めたくなる…
AISにはそんな側面もあるってことなんですね

お名前なしのお客様♪
こんばんわ はじめまして^^
コメントお寄せいただきありがとうございます!

正直言って驚きました
実装されてまだ1ヶ月にもならないのに
上級者さんはもうそんなとこまで意識が進んでらっしゃるんですね…
AISに乗ったら終わりだなんて、私はとてもそんな心境にはなりませんけど?^^;

そもそも私はこのクエストへの参加回数もまだ少ないし
野良でしかやったことがないからかもしれませんが
今まで最高で拠点2ヶ所、評価Bというていたらくです^^;
AISに3回乗ってしっかり仕事して、ようやくこの成績です
へたすればクエスト失敗というリスクを未だに感じてる始末ですね

でも仰ってることは理解できますし、いずれは私もそう思うようになるかもしれない
ただ、現時点では、そのご意見が多数の方の賛同を得られるとは
私にはとても思えませんけれど、いかがでしょうか?
もっとも、いずれそうなるよという警告として仰っているのなら
なるほど、そうかもしれませんね…

(8/14)少々追記させてください
私は現象的なことしか書いてませんでしたが、
AISには本質的に欠陥がある(デメリットがない)というご指摘、
それがもたらす問題など、理解できたと思います

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/568793/60139507

この記事へのトラックバック一覧です: AISがもたらしたもの:

« いつの間にか私も強くなってる? | トップページ | 笑顔のモニカさんに会うために »